目元の悩みを解消しよう

目元に触れる女性

施術の流れや注意点を確認

二重整形は美容外科クリニックで行われている美容整形の中でも、最も人気の施術といっても過言ではない程、患者数が多いと言われています。メスを使わないプチ整形の「埋没法」と、メスを使う「切開法」と大きく分けると2つの施術法があるのが、二重整形の特徴です。美容整形の中では施術時間も短く、比較的手軽に受けられる二重整形ですが施術を受ける際には、ダウンタイムを考慮しましょう。ダウンタイムとは美容整形を受けた後、腫れや痛みが引くまでにかかる期間のことで、プチ整形であってもダウンタイムは存在しています。埋没法の場合はメスを使わないということもあり、ダウンタイムは短いですがそれでも3日間程度は腫れが出るようです。切開法の場合は埋没法よりもダウンタイムが長くなり、施術後約1週間から2週間程度で症状は落ち着いてきます。血行が良い状態になると腫れが強く出ると言われているので、ダウンタイム中はタオルでくるんだ氷や保冷剤をあてて冷やすケアを行うのが良いと言われています。細かい部分はクリニックで異なるものの、二重整形のおおまかな流れは決まっているので施術を受けたいという人は、事前に情報を集めておくと良いでしょう。二重整形には大きく分けて埋没法と切開法と種類がありますが、どちらの施術であっても最初はカウンセリングから始めます。カウンセリングで施術の内容や、どの程度の二重の幅にするかなどを決めた後に施術の契約を行い、手術日を予約して帰宅するという流れになります。施術当日は埋没法・切開法どちらも麻酔クリームを塗り局所麻酔をするという順番で麻酔をかけて、いよいよ手術本番です。埋没法は特殊な糸でまぶたの皮膚を固定するだけの、簡単な施術法ですので手術が終わるまでにかかる時間は、わずか10分程度です。切開法の場合はカウンセリングで決めたデザインに沿ってまぶたを切開し、必要であれば不要な組織も切除していきます。そして二重のラインができるように固定し、切開した所を縫合すれば手術は完了となり、術後約1週間後に抜糸を行うという流れで行われます。

Copyright© 2018 二重整形で目元パッチリ美人になる【コンプレックスを解消できる】 All Rights Reserved.